債務不履行とは

債務不履行の種類

債務不履行とは一般的にはあらゆる対象に適用されるものです。 それが国家であってもその対象となり得ると言えます。 例えば国債の償還が滞ることがあれば、それは債務不履行に当たると言えます。 この場合には国家が破綻するということが過去にありました。 絶対に破綻しないというものは無いと言えます。 ただそうは言っても国家や大きな金融機関が破綻すると多くの人々の生活に悪い影響が出ます。 そういったことで一旦、破綻はしますが他の国家が助けたり、金融機関であれば国家が助けたりと救済措置が取られることがほとんどです。 また個人においても債務不履行は有り得ます。 債務に関して正当な事由がない場合にその責務を放棄することですから、簡単に言えばお金を期日までに返さないということがそれに該当します。 この場合でも様々なケースがあり、履行遅滞という場合にはその債務を履行できるのにも関わらず履行しなかったということがあります。 遅延ですので延滞金が発生する場合があるでしょう。 また履行不能と呼ばれる状態もあり、これは返済ができないということを意味します。 この場合には返済の代わりに例えば担保などで弁済をするという形になります。 そして最後に不完全履行というケースもあります。 これは履行したけれども不完全であったという場合に該当します。 不完全であるということは返済すべきものの数量が完全ではないということや、違法性が認められるという場合もそれに当たります。 いずれにせよ、お金を借りたのであれば、契約通りにしっかりと返済していくことが必要であると言えます。

関連ページ

大口ローンとは
大口ローンでスムーズにお金を借りる方法をご紹介しています。
任意ゾーンとは
任意ゾーンとは
福祉資金・教育支援資金とは
福祉資金・教育支援資金とは
クレジットカードで5万円ショッピング
クレジットカードで5万円ショッピング