任意ゾーンとは

過払い金が取り戻せない任意ゾーン金利

過払い金とは、利息制限法の規定以上の貸し付けにより払いすぎてしまう利息分のことです。 利息とは、借り入れにおいて元金にプラスして返済をしなくてはいけない賃借の手数料のようなお金です。 この利息を割り出すのが金利ですが、金利は好きなように掛けていいわけではなく、「利息制限法」にて貸付制限がされています。 利息制限法の内容によると、100万円以上・年15%、10万円以上100万円未満・年18%、10万円未満・年20%となっています。 例えば30万円を借りた場合、最大金利は18%までですが、仮に20%で貸し付けを受けた場合は2%分が無効になります。 この無効分が、本来は返済する必要がない過剰に払いすぎたお金として過払い金にあたります。 ただ、利息制限法とは別の金利の法律である「出資法」では、年29.2%を超えた場合に刑事罰に処すとしたのです。 つまり、利息制限法の上限を超えた貸し付けを行っても、出資法の29.2%を超えない限りは罰則がありません。 そこで、15%・18%・20%〜29.2%までの区間の金利は曖昧なゾーンとして、グレーゾーン金利と呼ばれるようになりました。 また、このグレーゾーン金利を債務者が任意で支払った場合、債権者は過払い金を返還する義務はないとして任意ゾーン金利とも呼ばれています。 しかし、これでは債務者が不利になるばかりですよね。 そこで、2010年に法改正がされて、任意ゾーン金利は廃止されています。 要するに、いかなる場合でも利息制限法の規定を超える貸し付けを行えば、払いすぎた利息は返還してもらえるようになったので今後は気軽に借り入れができるでしょう。

関連ページ

大口ローンとは
大口ローンでスムーズにお金を借りる方法をご紹介しています。
債務不履行とは
債務不履行とは
福祉資金・教育支援資金とは
福祉資金・教育支援資金とは
クレジットカードで5万円ショッピング
クレジットカードで5万円ショッピング