イオン銀行の歴史とは

生活に根ざしたサービスをおこなうイオン銀行の歴史

イオン銀行は、全国に支店を持つ大手スーパーイオンの傘下にある金融機関です。 その歴史はまだ比較的新しく、2006年に設立をされた新しいタイプの銀行です。 母体が巨大スーパーということもあり、生活に根差したサービス提供をしているので、利用者にとって魅力あるサービスを取り入れています。 口座開設方法は、実店舗で一般の銀行と同じように窓口で行う方法と、イオンの店舗にある口座開設カウンターで開設する方法があります。 また、インターネット経由での手続きも可能なので、利用者の都合に合わせて簡単に開設する事ができます。 尚、通帳は扱っておらず、口座からの入手金はキャッシュカードを利用することになりますが、イオン銀行のカードは電子マネー「WAON」と一体化となっており、全国のイオン店舗に設置されたATMを使って口座からのチャージを行う事が可能です、その為、普段の買い物にも使い勝手の良いカードとなっています。 また、店舗内のATMは1年を通して24時間無料なので、頻繁に入出金する際にも手数料はかかりません。 イオン銀行の特徴としては、コンビニ・ネット銀行としての利便性に加え、一般の銀行と同じく投資信託や住宅ローンや教育ローンなどの融資業務が充実しています。 金利面でも他の銀行に比べて優遇されているケースもあります。 これらのサービスは、基本的には店舗での扱いになるので、資金運用について相談をしたいという方は窓口から相談してみては如何でしょうか。

関連ページ

プロミスの歴史とは
プロミスの歴史を知ってスムーズにお金を借りる方法をご紹介しています。
セブン銀行のATMで5万キャッシングしたい時に
セブン銀行のATMで5万円キャッシングしたい時に