総合支援資金とは

総合支援資金で新たなスタートを

総合支援資金とは政府によるセーフティーネットの一つで、職を失ったことなどにより一時的に生活することが困難となった人を対象に生活に必要となる資金を貸し付ける制度です。 この制度の特徴として、貸し付けるお金は個人ではなく世帯が対象となるという点があります。 ですから、同一世帯の中で複数人が利用することができず、あくまでも世帯全体に支給される支援金ということになります。 生活支援金には「生活支援費」「住宅入居費」「一時生活再建費」の3つの種類があります。 生活支援費は失業してから生活を再建するまでに必要な生活費を支援するもので、支給額は単身世帯で15万円、二人以上の世帯で20万円以内となります。 住宅入居費は住居を失った人のための支援で、敷金や礼金など住居を借りるために必要となる資金となります。 そして一時生活再建日は新しい仕事に就くために必要となる技能習得などのための資金です。 この生活支援金の支給を受けるためには条件があります。 まず、貸し付けにあたって連帯保証人などは必要ありません。 ただし、連帯保証人がいる場合には無利子での貸し付けとなります。 連帯保証人がいない場合には1.5%の利子を支払う必要があるので、できれば用意したほうが良いでしょう。 貸し付け要件としては「本人であることが確認できること」「失業によって生活が苦しいこと」「社会福祉協議会の判断により支援することで生活を回復できると見込まれること」となりますが、雇用保険や年金などの給付を受けることができる人は利用できません。

関連ページ

クレカの借入方法とは
イオン銀行の歴史を知ってスムーズにお金を借りる方法をご紹介しています。
元利均等返済とは
元利均等返済とは
約定返済とは
約定返済とは
固定金利とは
固定金利について知りたい方はコチラへ。
実質金利とは
実質金利の情報を知るとたいへん便利です。