固定金利とは

返済額が変わらない固定金利のローン

固定金利とはローンの完済の時までずっと変わらない金利のことを言います。 この金利は住宅ローンでよく採用されています。 住宅ローンの中で金利が固定されているローンには全期間固定型と固定期間選択型の2種類があります。 全期間固定型は返済が終わるまでずっと金利が変わらないローンで、返済額も最初から最後まで変わることはありません。 一方固定期間選択型は変動金利のローンを一定期間だけ固定のものにできるというものです。 このローンの金利固定の期間には、2年や3年、5年など、様々なタイプがありますが、その中でも一番多く選ばれているのが10年間金利を固定するタイプのローンです。 固定の金利のものと変動金利のものには、連動している金利が違うという特徴があります。 全期間固定型と固定期間選択型のうち10年固定のものは、長期金利に連動するタイプの金利ですが、変動金利型のローンの金利は、銀行が企業に貸し出す基準となる金利である短期プライムレートと連動しています。 従って、同じ住宅ローンでも固定の金利のものと変動金利のものとでは金利の決まり方が大きく違ってくるのです。 固定金利で住宅ローンを組む場合、金利が上昇したときに一番大きな影響を受けるのが10年固定型のローンです。 このローンには11年目以降に再び10年間金利を固定すると毎月の返済額が大幅に上がってしまうリスクがあります。 10年固定期間選択型のローンを利用する時は金利固定期間の10年が終わったらすぐに繰り上げ返済をするとよいでしょう。 元金を減らせば、返済額を大きく抑えることができます。 また、11年目から全期間固定型のローンに借り換えるのも良い方法です。

関連ページ

クレカの借入方法とは
イオン銀行の歴史を知ってスムーズにお金を借りる方法をご紹介しています。
元利均等返済とは
元利均等返済とは
約定返済とは
約定返済とは
総合支援資金とは
総合支援資金とは
実質金利とは
実質金利の情報を知るとたいへん便利です。